So-net無料ブログ作成

■2015GW九州北部ツーリング 4日目 その2 [ツーリング]

以前から来てみたかった高千穂峡までやって来ました。
雨はパラパラな程度になっております。

DSC05812.JPG
っとその前に腹ごしらえ。
このお店の向こう側で食しました、流しそうめん発祥の店だとうたっておりました。
子どもたちはそういうのが好きらしく家族連れで楽しんでおりましたのう。


DSC05815.JPG
なんだかガッツリ食べたかったのでチキン南蛮。
高千穂はもう宮崎だったか南蛮が登場してきましたよ。
中々に肉厚、甘酢、タルタルでご飯がススム、ワタクシ弁当屋だとほか弁のチキン南蛮は相当好きでございます。


DSC05830.JPG
■真名井の滝
食堂のある広場からは一番有名なビジュアルが見れる橋はすぐなんですな。
近い…
と言うか、こちら側までバイクで来ては行けなかったのだろうか(笑

船であの滝まで近づくと迫力ありそうですのう。



DSC05837.JPG
この辺りは溶岩でできているらしい。
溶岩って幾何学的に割れるのですなぁ…。



DSC05825.JPG
せっかくなので渓谷をひと通り歩いてみましょうか。
さすがにGWの人出っぽくなってきました。

ココは雨でも良い景観な気がしますよ。



DSC05842.JPG
道の終点近くに来ると硯(すずり)の形をした神硯の岩(みすずりの岩)というものが現れます。
なんとあの高山彦九郎がココに着てたそうです(笑
これも「風雲児たち」に出てくる実在の人物です、ココにも来たのかと思うと結構感慨深いものがありますよよよ。

京都の三条駅交差点にいる御所に向かって土下座している像が彼です。









DSC05854.JPG
■天岩戸神社

高千穂からすぐ近くの天岩戸神社にきました。
この時雨は上がっておりました。



DSC05855.JPG
何やらお祭りが開催されていた模様。
いくつか食してみたいものがあったが…



DSC05878.JPG
神社から河原沿いに500mほど歩くと天安河原(あまのやすかわら)という場所に到着。
有名な逸話で天照大御神が洞窟に引きこもった時に全国の八百万の神が集結して
会議した河原だそうな……

アマテラス…



DSC05892.JPG
この大穴が引きこもった場所かと思ってたけどどうやら違うようで。
参拝しておきました。


DSC05897.JPG


DSC05882.JPG
河原には積石がたくさん。
気を抜くと蹴り倒してしまいそうです。
戦前の写真には積石は無く、比較的最近の風習になっているそうな。



DSC05890.jpg
確かに霊験あらたかな雰囲気をもった澄んだ場所な雰囲気がする。
水は重要な要素ですのう。



DSC05938.JPG
■通潤橋
高千穂から熊本側で反対側よりにあったので来ようかどうか迷った場所。
せっかくだから来てみました。

DSC05927.JPG
あの橋の中央から観光用に放水されるらしいのですが、時間が合わずに橋のみ見学。
昔は高低差を利用してこの辺りの灌漑に利用していたそう。


DSC05958.JPG
見れば見るほど、九州の石垣技術は高いように感じる。
通潤橋は1854年の幕末近くに建造されたそうですが、このなめらかで正確な作りは美学を感じますのぅ。
放水は見れず…ですが良い物を見た。

あ、ココの道の駅の酒漬けのつけもの非常に美味しかったですよ。
ふたつ買ってかえりました。



DSC05971.JPG
帰りは阿蘇の東側を通って帰ったのですが雨と霧と阿蘇独特の風景が入り混じって異世界に来たのかと……

まぁキャンプ場近辺に辿り着いたら安心感が出ました…(*´ω`*)フウ…


つづく


■2015GW九州北部ツーリング 4日目 その1 [ツーリング]

4日目の朝。
見上げる空は曇り空です、まだ本格的には降ってきてはいないけど
間もなく降ってくるであろうことは確実な感じです。

DSC05772.JPG
阿蘇いこいの村キャンプ場から阿蘇山ロープウェイ方面に向かって走行してると何やら広大な草地が
目の前に広がりました…どうやら草千里という場所らしい。

ココに来るまでに雨はいっそう激しさが増してきたのでGWのレインウェアを着こむ。
レーシングワールド本店で購入し7,8年は経過しているが…未だに現役。

ココで乗馬ができるそうだが……後ろで佇む馬たち。
雨にうたれてじっと耐えている…動物も。。。「暇やわぁ…」とか考えたりするのだろうか。


DSC05775.JPG
もうちょい高いところからもう一枚。
オフ車で走り回ってみたい光景。
雲もかかって向こうの山のスケール感がいまいちわからない。



DSC05783.JPG
さて火口方面に向かいますよ。










DSC05784.JPG

(´・ω・`)分かってはいた…分かっていた。

噴火してるそうじゃないか阿蘇山、道路脇に相当のドロが溜まっていると思いきや、全部火山灰ですよ。
えーい、自己責任承諾書にサインするから火口まで行かせろおぉ。
昔に修学旅行で来た記憶があるのだがその時もガスか何かで火口まで到達出来なかったハズ。
どうにも縁が無いらしい。

あきらめて南阿蘇方面に向かいました。



DSC05788.JPG
■白川水源
猫の人に聞いたオススメスポットの1つ。
山の水が毎分60トン湧いているそうだ雨粒の水滴で池の底がよく見えない…
やはりきれいな水が湧いている所は清々しいパワーなスポットの雰囲気がしますよ。



DSC05802.JPG
若干雨足がゆるんだので底からボゴボゴ湧き出る箇所が確認出来ました。
富士山周辺にもこのような湧き水が多いのでしょうかねぇ…ああ富士周辺また行きたい。
自衛隊の火力演習に応募したので万が一当選したら行くしかあるまい。

地図を見るとこの周辺にもいくつかの水源がある模様。



DSC05810.JPG
■高千穂神社
http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1336615324

白川水源から宮崎方面へ向かい高千穂周辺まで来ました。
ここまでのみちのちは雨が激しくGWの防水ブーツにも少しずつ雨が染みこんでくる始末。
駐車場にバイクを停め神社にお参り。
創建は約1900年前、裏側に回ると相当に趣のある社などがあります。
九州って大陸に近いせいか歴史も古い物が多いですのう…

雨が結構降っているので一回りしたら撤収。
階段を降りて駐車場のバイクへ向かった所……










z750sアスファルト陥没.jpg
( ゚д゚)………

な…

っなん!!??



なんでじゃぁぁ……
なしてスタンドのある方に倒れているんじゃぁぁ!





z750sアスファルト陥没地面.jpg
っっ

刺さっとる!アスファルトにっ!
なんちゅう脆い船じゃぁぁ、ではなくなんちゅう脆いアスファルトじゃぁぁ!

混乱して現地で叫びました、頭の中で。

実際はポーカーフェイスで「あーあーなんで倒れているんだよ…」位にしかつぶやいてません。
こんなのバイク乗りには良くあることだぜ余裕余裕♫

と、まわりの観光客達に見せつけねばなりません、
ただでさえ土砂降りで運転者むき出しのバイクは哀れみを向けられかねないので。



z750sアスファルト陥没地面02.jpg
溝側に落ち込み、タイヤも浮くほどに傾いていたので、相当に辛い復旧作業となりました。
昔痛めた腰がぶり返すんじゃないかと心配しましたが……なんとかひとりでリカバリ。

奇跡的にバイクのダメージはほとんどありません。
GIVIのケースの擦り傷、左のミラーが根本からちょっと曲がった(手で曲げて修復)
クラッチレバーの位置が変わってました。

エンジンガードのおかげですかねぇ一番最初に買って付けておいて良かった。
たびたびお役に立っております。



この一件以来もしこんな僻地でレバー類が折れていたらどうしよう……と思うようになりました。
スパナと針金は一応積んであるのですが、もっと根本で折れたらどうしようもないし……
z750s倒立式レバー.jpg
そんな不安を払拭するために楽天で一番安い倒立式のレバーを購入しておきました。
これなら折れることもなさそう…で、純正のレバーは予備として持ち歩くことも出来ます。
ひとまずは安心と……
見た目が偉くメカメカしくなったけど……

https://goo.gl/maps/DSzAb
ココの鳥居の向かって左側にあるトイレ付近に駐車する時はご注意下さい。
(ストリートビューではまだトイレは無いのでココ数年内に新設されたもののよう)


まぁまぁそんなトラブルにも遭いながら次は高千穂峡を目指します。

つづく


■2015GW九州北部ツーリング 3日目 その2 [ツーリング]

熊本から阿蘇.jpg
R57豊後街道を東に、熊本市内から阿蘇を目指します。
前方に見えるのが阿蘇…かな。

熊本のとあるおっちゃんから聞くまで阿蘇山が噴火しているのを知らなかった…
阿蘇山が見える頃にはヘルメットのシールドを開けては走れませんでした。
目に相当の火山灰?が衝突してくるのであります、これはきついな…

せっかく九州に来る前に洗浄したエアフィルターが…(;´д`)



DSC05744.JPG
阿蘇駅周辺の道の駅的な所に到着しました。

ASO田園空間博物館総合案内所  道の駅 阿蘇
http://www.aso-denku.jp/
GWだけあって盛況ですのう…ライダーの主食の1つソフトクイームを頂きました。
農場が数種類あり選択できるのです、そんなに農場ごとに味って違うの?
ワタクシは乳酸菌好きなのでヨーグルトソフト、農場名は覚えては…いない。


DSC05745.JPG
朝から白胡麻太鼓しか食べてなかったのでソーセージもいただきますよウマウマ。
ソーセージと粒マスタードの組み合わせ…至高…ココでビールも頂きたいのですがダメですかそうですか。

実はここまでツーリングマップル九州を買わずにやって来たのですが、ガイドブックの地図や
タブレットの地図では限界が来た…
電池切れだったりガイドブックでは微妙にカバーできていない箇所があったり…

幸いこの近くに書店があったので、いまさらツーリングマップル九州2015を購入しました。
ああぁ紙媒体でのバイク用マップは最高や…最初から買っておけばよかったと後悔しきり。



DSC05770.JPG
ほんの少し山側に入った所にある阿蘇いこいの村で野営準備完了
このキャンプ場は非常に広く空いている所にどこでもテントを張れます一泊¥1,000。
阿蘇周辺を回るならいい場所にあると思います、また来れたらココにしようかしらもし。

若干日が傾きかけて来てはいるが、まだまだ明るいので荷物をテントに置いて出発。


DSC05746.JPG
最近よく耳にする「天空の道」なる所に向かいました。
下から登るとナビなしでは入り口がわかりにくい……それらしい自動車の軽についてきたら正解だったようで。
途中ツツジがまとまって咲いていましたこれは下から走って見たほうが綺麗でしたのぅ。



DSC05749.JPG
ちょっと上った所、左側のピンクの部分が先ほどのツツジゾーンです。
しかし、空がどんより。



DSC05757.JPG
やはり有名になると人も大勢やってくる。
この辺りの山は芝生?のような山肌で珍しいですなぁ…



DSC05758.JPG
おぉ広ーぃ。
景色も…もうちょっと晴れていたら彩度も綺麗に出ていたのだろうに…残念。



DSC05763.JPG
むぅ……もうちっと天気が良ければ……
それか早朝に来たらこれこのように雲海が見れるのだろうか。
雲海に浮かぶ島のようで幻想的ですのう。

ここからつながるミルクロードなる道路を北上すれば大観峰という観光名所にも到達出来るらしいが
ここからの景色とそう変わらないのでは……と思い、スルーしました。
もうすぐ日も落ちますし。

このままきた道を戻り田舎道を若干迷いつつ、キャンプ場近場のアゼリア21という施設の銭湯に向かいました。



DSC05767.JPG
テントの前室内部でまたしてもコンビニの冷凍おウドゥン&おにぎり。
これが本当に楽で良いわぁ…色々面倒な時はコンビニとバーナーさえあればよい。
その後はタブレットで漫画を読みつつ早めに就寝いたしました、この日のキャンプ場は大変静かでございました、広いし。

翌日の天気は1日中雨らしいけど大丈夫だろうか…


つづく


■2015GW九州北部ツーリング 3日目 その1 [ツーリング]

3日目。
佐賀県のカプセルホテルを早朝に出立、高速道路も使用し熊本に入りました。
朝は熊本市内を散策し昼前に熊本城に到着。
ツーリング中最も気温が高かった日だろうか…ジーンズを通り越して足肌に日差しが当たっている感覚がある(-_-;)
熊本路面電車.jpg
路面電車怖い。
この電車が過ぎ、対向の車が切れた後に右折したのですが…それで合っていたのだろうか……
路面電車ルールはわからん…大阪にも走ってはいるのですが天王寺以南ですゆえ……





DSC05608.JPG
■熊本城
城の周辺をバイクでさまよっていると入り口の最寄りの駐車スペースまで案内された、バイク用の駐輪スペースなどは
ある方が珍しく、田舎……?だとたいがい隙間に無料で停めさせていただけるのだ。


DSC05673.JPG
近くの商店街に美味しい太平燕(タイピーエン)があると、あるおっちゃんから聞いたのだが……
まだ開店前で何も食せず……
城内には食べるお店は見つからず、ご当地の珍しいもので空腹を癒やす事にした。
スイカサイダーでまずは喉の渇きを……


DSC05674.JPG
白胡麻太鼓でとりあえず持たせようぞ。


DSC05715.JPG
嗚呼、快晴。
小天守、大天守連式の天守閣は安定感があって防御力高そう…
実際、熊本城は西南戦争の時に攻めてくる西郷隆盛の軍を撃退している城、140年前の近代戦にも耐えております。
築城したのは石垣大好き加藤清正。
藤堂高虎、加藤清正は各地のお城の解説で度々登場してきますね。


DSC05729.JPG
有名な石垣、扇の形に例えられています。

下部は角度がゆるやかで登れるんではっ!

と思い登ってきた侍を頂上付近の垂直な石垣で焦らせます(´゚д゚`)エ…ムリヤン?
そんな状態の時に上から横から鉄砲弓矢が飛んでくるのであります、そんな事から「武者返し」と呼ばれております。
西南戦争でも薩軍は突破できなかったので実戦で証明されておるのですなぁ…


DSC05718.JPG
城内から見えるくまモン、やはりくまモン
あの目と口の開き具合が絶妙なゆるキャラ……

この後に朝のタイピーエンを食べに行こうか迷ったのですが……
まぁ…いいや、今度徒歩で来た時にでも!となりました。
周辺にバイクを停める所探すのも時間かかりそうだし…

日の高いうちに次なる目的地「阿蘇」に入りたかったのであります。


つづく


■2015GW九州北部ツーリング 2日目 その4 [ツーリング]

唐津の城内をまるっと見学した後は……昼ごはんかな。
次の目的地の周辺に何かあったら食べよう…最悪コンビニででも…
なんだかひとりでツーリングする時は食べ時が非常に迷う、で結局適当な店で失敗、が多いなぁ。


唐津城から名護屋城.jpg
次の目的地は名護屋城です。
自分の中では熊本城よりもメインになります(笑


名護屋城へ.jpg
半島の先に向かって走行中。
いやはや天気が良くて風景が美しい。


DSC05434.JPG
途中で道の駅 桃山天下市があったので休憩をば。
初めて目にするイカビュンビュン
遠心力でイカ達が乾燥させられておりました。


DSC05435.JPG
道の駅でお土産を購入しレストラン「桃山亭海舟」でイカうに丼セットを食す。
あぁなんだかやっとまともなご当地物を食べた気がするわいな。


DSC05438.JPG
名物のイカシュウマイもセットで付いておりましたがどの部分がイカなのか…ちとわからなかったな。





DSC05441.JPG
■名護屋城跡
道の駅から数百メートル進むと目的地の名護屋城に到着。
体力も回復したので散策開始。

天下を統一した豊臣秀吉が次に大陸を目指した際に、足がかりにと築城した城です。
こんな日本の端っこで当時の大阪城級の城跡が存在しているのであります。
突貫工事で8ヶ月ほどで作らせたのだそうで……


DSC05492.JPG
大手門から入ります、保存の協力金ということで入城には数百円かかります。


DSC05474.JPG
ここに来る前に「佐賀県立名護屋城博物館」なる建造物があり、
古代から名護屋城築城に至るまでの時代の展示物が多く見学できます、こっちは無料。
ココにもミニチュアがありますが出来が相当ヨロシイので時間が奪われてしまう!

この博物館でタブレットがレンタルできVRで当時の城の様子が表示されます。
例えばこの写真だとタブレットのカメラでリアル石垣を見るとタブレット内に写った石垣の上に
櫓や門などがCGで表示されるのであります。

前に写っている二人の女性が楽しそうに使用してました……
ワタクシは面倒なので借りて来なかったのですが………結構たのしそう…借りればヨカッタ(´・ω・`)



DSC05499.JPG
城の遺構も状態良く見学出来ます。
この広場は千人位並べるそうで、兵力数の調査に使われたとか何とか…



DSC05506.JPG
のんびりじっくり見学し上に登って行くと名護屋城本丸に到着。
広大な平坦地で広大な屋敷があったようです。

豊臣秀吉もこの城に1年と少し滞在していたようでこの辺りも歩いていたのだろかなぁ…と妄想妄想…
城内に茶室もあったそうな…秀吉の接待…怖いわぁ。


DSC05505.JPG
左に人がいるのが天守台、この御城はのちに人為的に破壊されています。
天守台の石なんかも下に崩れ落ちてますねぇ。


DSC05514.JPG
天守台からの眺めが最高に良いなぁ。
すぐ目の前には壱岐が見えてその後ろにうっすら対馬が見えました。
その反対側の同距離に釜山があるわけですからものすごい近いですな…


DSC05483.JPG
名護屋城周辺にはまさに全国の名だたる大名が集結し陣地を構築しております。
史跡になっている陣地跡もあって回りたかったのですが……時間が( ;´∀`)




DSC05548.JPG
しかしこんな地方に巨大な城…晩年の秀吉はあまり…うまいい事いきませぬなぁ。


DSC05555.JPG
秀吉死後は各大名、半島から引き揚げてきます。
次の勢力争いの準備もしないといけません、2年後は関ヶ原の戦いか勃発ですよ。

この場所も不要になり、破却されています。
島原の乱で農民反乱軍に島原城を占拠された教訓をうけ将来、名護屋城も使われないように
徹底的に石垣を崩してあります。

上記の写真の様にVの字にくずしてあります、こうすると走って登れるので防御力は皆無ですのう。
この破却跡はここでしか見れない?かもしれません。
もう一度タブレットをレンタルして訪れたい場所ですが…遠いなぁ。





DSC05558.JPG
■佐賀城
そして名護屋城のある半島から南下し、佐賀までやって来ました。


DSC05586.JPG
佐賀は幕末の勝ち組「薩長土肥薩摩、長州、土佐、肥前の一角ですが…明治政府では存在感が薄いです。


DSC05588.JPG
中々巨大な屋敷が復元されております。
中は佐賀の歴史展示場になっていてPM5時半までだったけど
ギリギリ10分位見学出来ました、高速を使って正解だった……


DSC05577.JPG
幕末期のアームストロング砲…の複製、見れない(´・ω・`)
佐賀藩は幕末には相当先進的な藩だったみたいですよ、
この辺りも漫画「風雲児たち」に載っています、超オススメ漫画。



DSC05598.JPG
カフェドン・キホーテ。
確かシシリアンライスの発祥のお店だと思う。


DSC05596.JPG
佐賀名物のシシリアンライス
牛肉とサラダのご飯ですが中々美味しい、夏なんかには良さそう…
でも1回食べたら家でも作れそうな……


この日は熊本近辺のキャンプ場に泊まろうかと思ってたけど……

もう面倒になって佐賀駅近くのカプセルホテルに宿泊。
歩きまわって疲れた……意外と城見学は時間がかかる…ものだ。



DSC05599.JPG
佐賀駅前、うーむ…甲府を少し思い出す。
甲府よりは人多かった…かな。



DSC05600.JPG
本日はご当地のお店で野菜ラーメンを食べてシメと致します。


やっと2日目終了
つづく


メッセージを送る